3月14日、第一野党の「共に民主党」の大統領選候補者4人が生中継のテレビ討論会を行った。90分に及んだ討論会をダイジェスト版でまとめる。なお、各候補の発言は抜粋であるものの、最大限に原文を参照している。(ソウル=徐台教)

「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(1)自己アピールと共通質問
「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(2)候補者検証討論
「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(3)候補者別の主導権討論
「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(4)共通質問、最終アピール、総評(終)

共に民主党の予備選が「実質的な大統領選挙」との呼び声も

討論会は韓国のKBS(日本のNHKに相当)スタジオにて、著名司会者であるチョン・グァニョン氏の司会で行われた。

チョン・グァニョン氏
司会者のチョン・グァニョン氏。ラジオの冠番組を持ち、テレビ討論会の司会も多く務める。CBSラジオHPより引用。

予備選の段階で生放送のテレビ討論会が行われるのは異例のことだ。これもひとえに「共に民主党」の大統領選予備候補たちの高い人気にある。

昨年12月9日に国会で弾劾訴追案が可決され、朴槿恵大統領の弾劾が現実味を帯びて以降今日まで、韓国メディアは大統領候補の支持率調査を競って行ってきた。

途中、潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長の辞退など変数はあったものの、毎週10を超える世論調査の中で、民主党候補はトップ5の中に3人が常に入る高い人気を維持し続けている。

不動の1位・文在寅(ムン・ジェイン)元共に民主党代表、そして順位は変動するが、安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事と李在明(イ・ジェミョン)城南市長の3人で60%近い支持率を集めている。

こうした状況に加え、保守系の候補のうち支持率が最も高かった黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行が15日、不出馬を宣言したことにより、「民主党の予備選が実質上の大統領選挙」と呼ぶ声も少なくない。

14日の討論会は3度目となる討論会だったが、朴前大統領の罷免後にはじめて行われたものであると同時に、テレビで全国に生中継された点で、これまでのものとは異なる。




共に民主党・大統領候補4人のプロフィール

参加者は文在寅氏(64)、李在明氏(53)、安熙正氏(52)、崔星(54)の4名。簡単なプロフィールは以下の通り。

共に民主党大統領候補4人
3月14日に行われた「共に民主党」大統領選候補テレビ討論会に参加した4人。左から崔星、李在明、文在寅、安熙正氏。共に民主党HPより引用。

文在寅(ムン・ジェイン):1953年慶尚南道巨済郡(現・巨済市)生まれ。弁護士。元共に民主党代表(15年2月~16年1月)。2012年第18代大統領選・民主統合党候補。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時の03年~08年まで大統領府で大統領秘書室長など要職を歴任。12月以降、平均で35%の支持率を集める不動の1位候補。

安熙正(アン・ヒジョン):1965年忠清南道論山郡(現・論山市)生まれ。現忠清南道知事(10年7月~、2期目)。02年民主党・盧武鉉大統領候補秘書室政務チーム長。07年民主党・忠清南道論山、鶏龍、錦山 地域委員長、09年民主党最高委員を歴任。民主党一筋で党への忠誠心に篤く「民主党の嫡子」と呼ばれる。一時20%に肉迫する支持を集めたが現在は10~15%。

李在明(イ・ジェミョン):1964年慶尚北道安東市生まれ。弁護士。現京畿道城南(ソンナム)市長(10年7月~、2期目)。貧しい家庭に育ち小学校卒業後、工業団地で働く。独学で大学に入学後、司法試験合格。1989年民主社会のための弁護士会・国際連帯委員、12年民主統合党・基礎自治団体長協議会議長など。切れ味鋭い改革派。支持率は10~15%。

崔星(チェ・ソン):1963年生まれ。政治学博士。現京畿道高陽(コヤン)市長(10年7月~、2期目)。元国会議員(第17代、04~08年)。97年金大中大統領、02年盧武鉉大統領当選時に、大統領職引受委員会諮問委員を歴任。世論調査に名前が挙がったことはなく、候補としては無名ながら、確かな政治キャリアを歩んできた。




各候補の自己紹介&アピール

まずは各候補が準備してきた映像と共に、自己アピールをする時間があった。なお、順番はあらかじめくじ引きを経て公正に決められていた。なお、本記事での順番は実際の討論会のものと同一のものにするよう心掛けたが、自己アピールと共通質問の部分では、読者の読みやすさを考え順番を統一した。

文在寅文在寅

われわれ国民は本当に素晴らしいです。しかし半分の勝利に過ぎません。ろうそくの民心は大統領一人を追い出しただけでは終わりません。正義があり公正な国、常識の通じる国、共に生きる暖かい共同体、これこそが新しい大韓民国ではないでしょうか。私は準備ができています。

安熙正安熙正

これから韓国は、歩いたことのない新たな道を歩まなければなりません。国論の分裂と対立からは、政権交代も世代交代も生まれません。弾劾に向け走ってきた100日と同じように、新たな世代交代、新たな大韓民国の道の先頭に立っていきます。

崔星崔星

大統領が弾劾された最も大きな理由は、サムスンなど財閥との違法な政経癒着のためです。新しい大統領は清廉な大統領であるべきで、犯罪者はいけません。危機の大韓民国号を救うには豊富な国政が必要です。

李在明李在明

国民の皆さん、寒い冬に大統領弾劾のため大変だったでしょう。国民が勝利しました。政治家が弾劾したのではなく、国民がやりました。皆さんは人生が変わる真の新しい世界を望んでいるのではないでしょうか。皆が公正な機会を得られる平等な国。私はそのために頑張ってきました。




共通質問1:国論分裂の解決方法は

次に、あらかじめ定められた共通の質問に対する答えを延べる時間となった。一問目は、朴槿恵大統領の退陣を求めてきた「ろうそくデモ」と、弾劾に反対する「太極旗デモ」が週末ごとに数十万人を集めるなど、国論が分裂している状況をどう解決するのか、というものだった。

文在寅文在寅

政治家だけ集まるのが統合だとは思わない。国民を分けて考えない国。どんな人も地域も差別されず、公正で正義が実現する世の中こそが国民の統合だ。大統領が国民と疎通し、共にするときに国民の統合が実現する。

安熙正安熙正

まずは朴槿恵全大統領に対してひと言。憲法裁判所の決定は国民の命令であるため、承服するように言いたい。私は国民統合のために大連立を主張してきた。改革のためには強力な手段がいる。国会で改革立法を行うたびにろうそくデモをやってくれるよう頼む訳ににもいかない。大連立だけが改革を有利に進められる手段だ。

李在明李在明

統合と縫合は異なる。国家は統合されなければならないが、犯罪者たちと共に生きることはできない。今は盗賊隊の頭目一人が逮捕されたに過ぎない。ガンになったら手術がいる。痛くてもガンとは同居できない。統合という名の下で、これまで数多くの犯罪者を許してきた。それが真の統合を阻んできた。清算こそが統合だ。

崔星崔星

政治家自身が国民統合の模範になるべき。分裂を助長してはならない。大統合なくして国家の発展はないが、大統領になりたい欲から朴槿恵国政ろう断勢力との連立を進めるのは統合ではない。それよりも野党連合を構成するべき。私は市長でいる間、常に保守勢力とも超党的協力をしてきた。

この場では統合の必要性を認識しつつも、安熙正氏の持論である朴槿恵支持派を含む「自由韓国党」など保守政党との大連立を批判する声が高かった。ろうそくデモを通じ噴出した韓国の時代精神に「積弊(積み重なってきた悪弊)清算」があるが、その実現方法には候補者別に差がある。




共通質問2:4つのキーワードから選ぶ「最も得意なもの」

次に、候補者別に疎通と統合/公正と清廉/安全保障/経済の4つから、自身の最も得意な分野を選び、それについて語る時間があった。

文在寅文在寅

経済を選ぶ。経済を民生を解決できる準備済みの候補だ。我が国は上位10%が全体の所得の50%を占めている。多くの中産層が生活苦を訴え、経済もこれ以上成長しない。経済をより公正かつ平等にしなければならない。その中心は働き口だ。働き口を作る大統領になる。

安熙正安熙正

疎通と統合を選ぶ。進歩(革新)と保守の対立を克服しよう、古い陣営論理を越え、国民を団結させよう。私は忠清南道庁で少数与党を克服し、統合の政治を成功させてきた。道政(県政にあたる)支持率全国1位だ。世論調査における「好感度」も一位だ。

崔星崔星

安全保障を選ぶ。国家の危機管理は経験ある専門家が解決するもの。初心者や人気取りの発言だけを行うアマチュアに任せられない。外交安保は国内政治とは違う。私は大学でも教えたし大統領府でも実務を行ってきた。韓国の安全保障の土台の上に(北朝鮮との)平和政策を一括妥結する。

李在明李在明

私は経済を選ぶ。我が国内の格差が文字通り国家の発展を阻み、国民の機会を奪っているのは誰もが知る事実だ。この不平等を解消するため基本所得制を導入する。国家予算400兆ウォン(約40兆円)のうち大統領の裁量で使える142兆ウォン(約14兆円)の中から、28兆ウォン(約2兆8000億円)を用い、65歳以上の老人・障碍者・29歳以下の青年たちに年間100万ウォン(約10万円)ずつ支給する。地域通貨として渡すので、地域の経済活性化にも貢献する。

いずれも予想通りの選択と見てよいだろう。司会者が「誰も公正と清廉を選びませんでしたが、これは当然の基本的資質ということですね」と笑った。

(2)に続く。

「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(1)自己アピールと共通質問
「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(2)候補者検証討論
「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(3)候補者別の主導権討論
「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(4)共通質問、最終アピール、総評(終)