3月14日に行われた「共に民主党」大統領選予備候補4人によるテレビ討論会のダイジェスト第三弾。いよいよメインイベントの主導権討論に差し掛かる。なお、各候補の発言は抜粋であるものの、最大限に原文を参照している。(ソウル=徐台教)

「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(1)自己アピールと共通質問
「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(2)候補者検証討論
「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(3)候補者別の主導権討論
「共に民主党」大統領選候補4人によるテレビ討論会まとめ(4)共通質問、最終アピール、総評(終)

主導権討論その1 崔星

「主導権討論」と名付けられたこのコーナーでは、候補者ごとに9分の時間が与えられ、誰にでも何でも聞くことができる。ただ、各候補に最低一度ずつ質問をしなければならない。まずは崔星氏から始まった。

崔星崔星

安熙正候補、先ほどの私の質問(資金流用の件)に、同志として心が痛むと言われたが、私もとても心が苦しいのが事実だ。だが、今回の大統領選は清廉性の検証であり、政経癒着の問題を扱うにも清廉性が大切だからそうしたまでだ。予備選の過程で清廉性を検証できない場合、おそろしい自由韓国党などの勢力から(本選挙で)検証されることになる。

そもそも、朴槿恵前大統領も(2012年のセヌリ党の)予備選の時点で徹底的に崔太敏(チェ・テミン、チェ・スンシルの父)との問題を検証しておけば、今日のような国家的損失はなかった。理解してほしい。それで資金流用の件では、何が真実なのか?

安熙正安熙正

私が遺憾だとしたのは、約50億ウォンの(盧武鉉大統領のための)大統領選資金すべてを流用したかのように言われたからだ。2003年に引っ越す際に、一時的に融通したのは事実だ。

崔星崔星

裁判の最終判決文を見て書かかれたオーマイニュースの記事は見たか?

安熙正安熙正

見ていない。

崔星崔星

どうしてそれを見ていないのか。前回の討論で、最終判決文を公開しようと提案したが、その用意はあるか。

安熙正安熙正

最終判決文はすでに公開されている。そもそも2010年、14年の忠清南道知事選の時にすべて公開した事実だ。私は一時的な流用をしたという事実を認め、すでに謝罪した。

崔星崔星

オーマイニュースの記事には2002年の大統領選が終わった後にも、パク・ヨンチャ氏から4億ウォン(4000万円)受け取ったとある。安候補は、潘基文(パン・ギムン、前国連事務総長)氏がパク・ヨンチャ氏から違法に資金を受け取った疑惑に対し、強く非難した。安候補本人は、ろうそくデモの民心に寄り添う「共に民主党」の改革的な候補の資格があると思うか?

安熙正安熙正

私が過去受けた処罰は、大統領選資金によるもの(違法献金)だという点をまず述べたい。個人的な失敗に対しても認め、それに相応する罰を受けた。しかし、こうしたことを認めながらも2010年、14年には忠清南道知事として選ばれた。私は国民から政治的に許され復権したと考える。

崔星崔星

分かった。一日も早く安候補の誤解が解けることを願う。次に李在明候補。市長を務める城南市では昨年初から飲酒運転を一度するだけでも昇進から除外され、職務のはく奪もあるとしている。また長官職に就く際の検証過程では、論文の剽窃があるだけで脱落する。

それにも関わらず李候補は飲酒運転や論文剽窃などの前科に対してあまりに堂々と話している。自身には寛大で、他人にはあまりに厳しいのではないか?

李在明李在明

一度話したので、あとは国民が判断するだろう。論文の剽窃については、提出した大学(編注:嘉泉大学校)側では大丈夫だという最終結論が出た。大学の報道資料を参考して欲しい。

崔星崔星

次に文在寅候補に改憲と関連して聞きたい。文候補に改憲の意思があるのか国民は疑問に思っている。光州全南発展研究院の研究によると、今後20年後には光州、全羅南北道の農村共同体が崩壊し、地図上から消えるという。

これを防ぐために、米国の連邦制並みの自治分権を可能にする改憲を行い、地方大学、地方の企業を育成しなければならない。自治分権のための改憲に対する意志を確認したい。

文在寅文在寅

韓国を連邦制並みの強力な地方分権共和国にしなければならない、そのために改憲が必要だと言うのは私がはじめに主張した内容だ。この内容は前回(12年)の大統領選挙の際の公約でもあった。今も同様で、来年6月の地方選挙の際に国民の意思を問う約束をしている。

崔星氏はなおも安熙正氏に資金流用の件について問い詰める。安氏も慣れてきたのか、受け答えに余裕が出てきた。筆者はこの過程は非常に大事なものであると見る。




主導権討論その2 李在明

李在明写真
李在明城南市長。昨年11月の時点でいち早く朴槿恵大統領の退陣・弾劾を主張するなど、「ろうそくデモ」に参加する市民からの支持が厚い。3月11日撮影。
李在明李在明

民主主義社会で最も重要なのは、国民の代理となる人々の能力と資質だ。これを討論を通じ国民が判断できるようにするのが重要な過程で、これこそが民主主義の花といえるのではないか。この場で、それぞれの参謀たちが準備してきた文章を読み上げるだけでは、国民の判断の助けにまったくならない。

候補者が本当に何を考えているのか、無制限討論をする機会があればよい。

特に文在寅候補は明日光州で予定されていた討論会もキャンセルするなど、一歩引いた感がある。無制限討論会をする気があるのか文候補に聞きたい。

文在寅文在寅

討論を避ける気は全くない。だがスケジュールを押し付けるのもよくない。党と協議しそうした場を持つのがよさそうだ。今後、放送局などでそうした機会があると見る。

安熙正安熙正

今後、適切な時期に私たちが自由な主題で自由な討論をする機会を作ろうという発言に同意する。

崔星崔星

崔星:私も積極的に賛成する。

李在明李在明

国民のみなさん、皆さんがすでに「政権交代」自体は決めてくれましたが、どんな政権交代になるのか、候補を判断する機会を作ってください。

文在寅候補に質問したい。私は共に民主党の大統領候補になったら、党が中心となって政権引受(引き継ぎ)委員会を構成することで、安定した過程を作り出そうと思っている。しかし文候補は独自に影の内閣(閣僚候補者)を作り、勢力を作っている。党の役割が無いのではないか?

文在寅文在寅

一部参考すべき内容がある。次の政府は例えば文在寅政府でなく、共に民主党の政府だ。そのため政策も党が生産し、人事に関しても緊密に協力すると約束した。

李在明李在明

もう一つ質問だ。文候補は米国にも「NO」と言えなければならないと語ったが、後にそんな発言はしていないとした。実際はどう思うのか?

文在寅文在寅

それはインタビューでなく本の内容にある。どんな時に「NO」と言えなければならないか、例を挙げると米国が防衛費の負担の増額を要求してきた場合、われわれも言いたいことが言えなければならない。

李在明李在明

ガンジーは「国家を失敗させる一つ目の悪徳は『哲学なき政治』だ」と語った。自身の勢力を大きくするために、あらゆる既得権者を呼び集めると、結局は国民のためではなく既得権者のための政治になるということを、朴槿恵政府を通じ生々しく目撃した。

文候補の周囲には、ただの既得権者にとどまらず、とても認めることのできない既得権者が集まっている。そういう人をなぜ追い出せないのか?

文在寅文在寅

その言葉もやはり半分は正解で、半分は間違ってると思う。道徳性の高い人々を中心にするというはよい考えだ。しかし、ある人間に対し腐敗した既得権者、親財閥などとレッテルを張るのは、我々が常に耳にしてきた「従北左派」というそれと変わらないと思う。中道や合理的な保守右派までは拡張して包容しなければならない。

李在明李在明

安熙正候補に対し、大連立について質問したい。我々は過去70年間蓄積してきた積弊を清算し、公正な国を作る決定的な機会を手に入れた。それなのに、この国を今のようしてきた「積弊勢力」と権力を分かち合う大連立をするというのは、時代に逆行するものではないか。

必ず正義党と国民の党を合わせた野党間の野党連合政権を作るのが課題であると見る。これを投げうち、清算対象と手を結びたがる理由を聞きたい。

安熙正安熙正

情緒的に私の言葉が理解できないかもしれない。だが今は、国会先進化法案にしたがい、180席以上の賛成がないと我々が望む改革立法を実現できない。このために、私は多数派を構成し、それと共に次期政府を率いていこうと提案したい。

李在明李在明

それでも原則に立ち返るべきではないか。我々は国家を正しく運営し、国民に機会を与えるために政治をするのであって、政治家同志で安定して権力を行使するために政治をするのではないからだ。

李在明氏は4人の候補の中で最も強硬に積弊の清算を主張している。李氏の立場からは、文在寅氏や安熙正氏は改革の意思が弱いものに見えるのだろう。やや焦る姿も見て取れた。




次ページ:文在寅、安熙正氏による主導権討論