候補者登録期間を15日、16日に控える中、有力候補5人が一堂に会しテレビ討論会を行った。主な見どころをまとめた。(ソウル=徐台教)

大統領選テレビ討論会は全6回

この日のテレビ討論は、13日午前中に録画したものを同日22時からテレビで放送した。主催はテレビ局SBSと韓国記者協会。今回の大統領選挙で行われる全5回のテレビ討論会のうちの初回とあって、高い注目を集めた。

大統領選討論会日程表
第19代韓国大統領選挙テレビ討論会の日程表。選挙期間が短いため、決戦の場となる。本紙作成。

討論は以下の4つチャプターに分けて行われた。

(1)共通質問2問:事前に配布した質問2つにそれぞれ30秒の回答時間で答えるもの。
(2)政策検証討論:候補当たり15分の持ち時間。最初の3分は候補者がプレゼンテーションを行う。次いで各候補と3分ずつ(質問90秒、回答90秒)討論を行う。討論内容は政策に限定。
(3)主導権討論:候補の資質、道徳、リーダーシップなど検証分野の決まりはなく、候補者ごとに各6分の持ち時間で、最低3人に質問を行う。

まずは共通質問からまとめる。




共通質問1:米国が北朝鮮に対する軍事的な打撃を加えようとする場合どうするか?

ここ数日高まっている朝鮮半島の軍事的緊張についての質問。候補者は30秒の時間で、優先順位の高い3つの行動を挙げなければならない。

洪準杓洪準杓

(1)米国と協議をして先制攻撃をしないようにすることが最も大切。中国も同様。
(2)それでも米国が先制攻撃する場合には、非常警戒態勢を下し、戦闘準備を行う。
(3)国土修復作戦(韓国軍が北朝鮮に攻め入ること)に即時とりかかるようにする。

安哲秀安哲秀

(1)米国と中国の首脳と電話会談を行う。ウォートン・スクールの同窓生でもあるドナルド・トランプ大統領に対し、戦争は絶対に駄目だと伝え、習近平主席にも北朝鮮に対し圧力をかけるよう伝える。
(2)北朝鮮に対し挑発をすぐに止めるよう声明を出す。
(3)それと共に軍事対応体制を徹底して強化する。

劉承旼劉承旼

(1)先制攻撃は北朝鮮が私たちに対し攻撃する兆候が差し迫った時に行う予防的自衛主権措置だ。
(2)先制攻撃をする場合には、韓米間で十分な合意の下、すべての軍事的準備をした後に先制攻撃を行わねばならない。
(3)私達の軍事的対応態勢をあらかじめ十分に備えた後に行うのが正しいと見る。そうしたことはあってはならないが。

沈相奵沈相奵

(1)大統領特別談話を行い、いかなる場合にも朝鮮半島での一方的な軍事行動は有り得ないことを明らかにする。
(2)米中首脳と電話会談を行う。必要ならば特使を派遣し、朝鮮半島問題の平和的解決の原則を説得する。
(3)国民の安全のための非常措置を取る。政府を非常体制で運営する。

文在寅文在寅

(1)米国大統領と電話会談を行い、我々の同意の無い、米国の一方的な先制攻撃はいけないということをはっきりと伝え、先制攻撃を保留させる。
(2)全軍に非常命令をくだし、国家非常体制を稼働させる。
(3)北朝鮮に対してはホットラインをはじめとする様々なチャンネルを通じ、米国が先制攻撃を加える理由となるような挑発行為を即時中断するよう要請し、その過程で中国とも共調していく。

洪準杓候補の回答が非常に話題となった。国土修復作戦とは、韓国軍が北朝鮮に攻め入る全面戦争を仕掛けることを指す。「軍隊に息子を送っている親は絶対に洪準杓には投票しないだろう」と専らの噂だ。

大統領選討論会写真
4月13日に行われた第一回大統領候補討論会に出席した主要候補者5人。左から洪準杓、安哲秀、劉承旼、沈相奵、文在寅各候補。共に民主党HPより引用。

共通質問2:家計所得を増やすために、どんな経済政策を取るか?

次の共通質問は、経済に関連するものだった。前回も前々回も、韓国の大統領選挙最大のテーマは、何よりも経済であった。今回の選挙も決して例外ではない。

安哲秀安哲秀

家計所得が低い理由は「良い雇用が無いため、自営業に人が流れる」、「大企業と中小企業の賃金格差が大きい」、「正社員と契約社員感の賃金格差が大きい」という3点だ。これらを無くせるように対処することが必要。

良い雇用を作り、大企業と中小企業間の公正な競争構造の下でその格差を狭め、自営業者と正社員、契約社員間の賃金格差を小さくしていく。

劉承旼劉承旼

バラ色の話をするのではなく、20年前のIMF危機のような危機が絶対に来ないよう、就任してすぐに経済危機を防ぐ。雇用は中小企業と革新的な創業企業が作るものだ。これからは財閥が雇用を作る時代ではない。私は中小企業、創業企業中心の政策を進めていく。

そして、契約社員の問題については任期5年間すべてを捧げ取り組むようにする。そして「中福祉」を強化し、社会のセーフティーネットを確実に守る。

沈相奵沈相奵

最低賃金1万ウォン(約1,000円)、そして同一労働同一賃金を実現し、契約社員を無くし国民の月給を上昇させる。大型のショッピングモールを規制し、テナント代の上限制を導入し、カード手数料も下げて自営業者の所得を上昇させる。

通信費、大学の学費、医療費、賃貸料を下げ、家計の可処分所得を拡大させる。

文在寅文在寅

基本的に所得主導の成長へと経済パラダイムを変えていかなければならない。まずは、公共、民間問わず、良い雇用をたくさん作り、さらに中小企業と大企業間の、正社員と契約写真の格差を解消し、悪い雇用を良い雇用に変えていく。

そして中小商工人、自営業者の事業がうまくいくように、国家が積極的に支援しなければならない。そして最低賃金を2020年まで1万ウォンに必ず引き上げる。

洪準杓洪準杓

まずは企業が勇気づけられるような政策をとっていく。企業こそが雇用を作り出し、国民所得を高めてくれる。次に強硬な貴族労組を打破する。彼らの特権により韓国経済が傷ついている。

三つ目に庶民福祉を強化し、生活が苦しく貧しい人々中心の福祉体系を再度、確立させる。

まとめ(2)に続きます。




4月13日の討論会まとめリンクは以下の通り。

[韓国大統領選D-23]第一回テレビ討論会まとめ (1)安保、経済分野共通質問(4月16日)
http://kankoku2017.jp/archives/1701

[韓国大統領選D-21]第一回テレビ討論会まとめ (2)政策検証討論 劉承旼(4月18日)
http://kankoku2017.jp/archives/1708

[韓国大統領選D-21]第一回テレビ討論会まとめ (3)政策検証討論 沈相奵(4月18日)
http://kankoku2017.jp/archives/1718

[韓国大統領選D-21]第一回テレビ討論会まとめ (4)政策検証討論 文在寅(4月18日)
http://kankoku2017.jp/archives/1724

[韓国大統領選D-20]第一回テレビ討論会まとめ (5)政策検証討論 洪準杓(4月19日)
http://kankoku2017.jp/archives/1737

[韓国大統領選D-20]第一回テレビ討論会まとめ (6)政策検証討論 安哲秀(4月19日)
http://kankoku2017.jp/archives/1745