4月13日にあったテレビ討論会のまとめ、最後の第6弾は国民の党の安哲秀(アン・チョルス、55)候補。3月下旬の同党予備選を圧倒的な強さで勝ち抜き、その勢いのまま全国で「安風」を巻き起こし、あっという間に文在寅候補との「二強体制」を築きあげた。(ソウル=徐台教)

安哲秀候補の政策プレゼンテーション「三つの改革が必要」

安候補はまず「安保と成長について話をする」と切り出した。「私は『自強安保』を主張する。強固な韓米同盟を基盤とし、私たちが自身の力で守れるよう、国防力を強化しようというもの」とし、今や代名詞となった「自強論」を展開した。

成長については、やはり十八番の「第4次産業革命」について言及した。「第4次産業革命は選択ではなく必須であるが、未来を予測できないという特徴があるため、政府の運営基調が変わらなければならない」という主張だ。

安哲秀候補写真
選挙戦解禁となった17日、演説する安哲秀(アン・チョルス)候補。国民の党の組織が弱いため、安候補個人の力量で選挙戦を戦っている印象が強い。写真は安候補のフェイスブックより引用。

具体的には「民間と企業が主導できるようにし、政府は後ろから支える政策をとるべきだ」というプラン。PCワクチンを開発するプログラマー出身でベンチャー企業を大企業に育て上げた経験があるため、この辺りの論理、説得力については他候補の追随を許さない雰囲気が出ている。

第4次産業革命に備え「教育を画期的に変える教育革命が何よりも大切」とし、「政府の運営方式を変えるために教育部を廃止し、国家教育委員会で長期教育政策に合意するようにしなければならない」訴えた。

ついで「小中高で、そして大学で創意的な教育が可能になるようにする」と説き、これを実現するために「学制の改編」を提案する一方、「生涯教育が何よりも重要だ。学校を卒業した後も、老年層を国家が責任を持って教育しなければならない」と抱負を語った。

科学技術に関する公約も語った。「科学技術分野も民間が主導しなければならない」とし、「国家のR&D(研究開発)も全面的に革新するべきだ。特に基礎研究においては重複課題も認めるべき(編注:ひとつの課題に様々なチームが研究し、研究過程が正しければ結果が伴わなくてきも支援を継続するなどの改革)」と持論を語った。

また、「公正な市場競争が可能にならねばならない」とも語った。「実力があれば誰でも成功できるよう、中小企業も実力があれば大企業とたたかい競争で勝てる環境が必要で、そのためには公正取引委員会の改革が核心となる」とした。

最後に「第4次産業革命の時代に、教育改革、科学技術の改革、公正な競争が可能な産業構造の改革を通じ、成長の土台を作れるならば、韓国は必ず、最も先に進むモデル国家になれると確信している」と締めた。




続く候補者別の質疑応答の一番手は劉承旼(ユ・スンミン)候補。

質疑応答:劉承旼候補「保守票欲しさに転向したのか」

劉承旼劉承旼

経済分野については特に意見が異なることはない。増税に対する意見はどうか。

安哲秀安哲秀

増税はしなければならない。「中負担・中福祉」というのは、私が政治を始める際に「安哲秀の考え」という本でも明らかにした。だが順序がある。国家が先に模範を見せる必要がある。透明かつ画期的にだ。

劉承旼劉承旼

分かった。金大中政府の「太陽政策」を安候補が継承する考えがあるか?

安哲秀安哲秀

今は北朝鮮制裁局面だ。北朝鮮制裁を行う理由は制裁の果てに交渉テーブルを我々に有利な条件で作るためだ。

劉承旼劉承旼

継承するのか?

安哲秀安哲秀

制裁と対話を並行して、交渉テーブルを作ることが重要だ。

劉承旼劉承旼

継承するのかしないのかについての立場は?

安哲秀安哲秀

対話を並行し、結局は平和な朝鮮半島を作るという究極的な目的には同意する。

劉承旼劉承旼

いや、安候補は何年も前からずっと「金大中政府の太陽政策を継承する」という発言をしてきた。だが最近はこの点についての言及がない。しかし、安哲秀候補を輩出した朴智元(パク・チウォン)代表をはじめとする国民の党の大部分の議員は、金大中政府の太陽政策を継承している。

朴代表は北朝鮮への違法送金で刑務所まで行ってきた方だ。その金が北朝鮮の核ミサイル開発に使われたが、その間、安候補と国民の党は党論としてTHAAD(サード。高高度ミサイル防衛システム)を反対してきた。安候補は今もTHAADに反対なのか聞きたい。

安哲秀安哲秀

すべての政策には功と過がある。良い点は継承し、過については正すことが望ましい。このため私は対話を通じ平和を構築する方向は合っていると思う。だが状況が変わったら対応が変わるのが当然ではないか。

劉承旼劉承旼

状況はだいぶ前に変わっていた。それなのに選挙をひと月前に控えて決定的な問題に対する立場が変わったのは、予備選が終わり保守層の票が欲しくての転向ではないか。私にはそうとしか思えない。

安哲秀安哲秀

そうではない。今年の初めから同じ主張をしていた。米国はTHAADを配備しており、中国は経済制裁を行っている。そして北朝鮮もより多くの挑発をしている。

劉承旼候補の時間はここで終わり、正義党の沈相奵(シム・サンジョン)候補の質問が続く。




質疑応答:沈相奵候補「安候補は一貫性がない」

沈相奵沈相奵

せっかく話が出たので、THAADの話をしたい。私とともに最も強くTHAADに反対した方が突然立場を変えたので、私はとても衝撃を受けた。安候補は外交の状況が変わったというが、そう思わない。変わったのは大統領選挙期間になったということだけだ。

今回、安候補の安全保障に対する主張を調べてみたが、つどつど立場が変わる。太陽政策については劉候補の指摘通りだ。戦時作戦権の返還(戦争時の軍指揮権は現在、韓米連合司令部にある。これを韓国軍のみにすること)については2015年まで達成すべきと主張していたが、今もそうなのか?

安哲秀安哲秀

私は自強安保について話をした。自らを守れる…

沈相奵沈相奵

(さえぎって)2015年までは作戦権の返還に同意していたが、今も変わらないのかと聞いている。

安哲秀安哲秀

われわれが十分に「自強できる」時にのみ可能だ。

沈相奵沈相奵

2016年には「開城工団を再開しなければならない」とした。この点についてはどうか。

安哲秀安哲秀

今は国連による制裁局面だ。私たちも自由でいられない。先ほども話したように、われわれが望む時期に望む条件で交渉できるよう一括で議論しようという立場だ。

沈相奵沈相奵

私は安全保障こそ、明確な哲学と不屈の意思を持って強大国を説得し、促進者、仲裁者の役割をしていくべきと見る。安候補のように懸案の政治的状況や政治的な有利不利によって、立場がころころ変わる一貫性のない外交・安保の視点を持って、危機の韓国を救うことができるのか不安だ。

THAADも他の問題も同様だ。韓国の安全保障も最も大きな問題が、安保を政治に利用することだ。この点に対し、安候補への失望が大きかった。

安哲秀安哲秀

一貫性を維持することで、批判されないというのはとても簡単なことだ。

沈相奵沈相奵

だからといってコロコロ変わる安保観ではいけない。

安哲秀安哲秀

しかし国家の指導者はそれではいけない。たくさんの状況が変わる中で、国益を最優先にしながら、状況に対し最適な対応をするのが、国家指導者の資格ではないか。

繰り返すが、THAADは配備され、中国は経済制裁を行い、北は挑発を繰り返している。こうした状況に積極的に対処すべきだ。

これこそが私のいう「自強安保」だ。みずから国を守れる実力をつけなければならない。軍事面でのR&Dも増やし、軍事力を増大させつつ産業化にも役に立つ。これこそが第4次産業革命時代のわれわれの対応だ。

沈相奵候補は時間切れ。続いては「ライバル」文在寅(ムン・ジェイン)候補。




質疑応答:文在寅候補「5.18精神はあるか」

文在寅文在寅

主張を変えるというのがテーマなので、私もひとつ。以前、民主党で共同代表を務めた際に(2014年4月~同7月)、党領から「5.18(1980年5月18日の光州民主化抗争)精神」「6.15(2000年6月15日の南北首脳会談)精神」を削除しようと主張していたが、今も変わらないか?

安哲秀安哲秀

事実と異なる。当時は実務面で仕事を進める上で失言があったが、私はすぐに修正した。今の国民の党の党領にはすべて明記されている。

文在寅文在寅

批判を多く受けたので修正したのではないか。

安哲秀安哲秀

そうではない。ネガティブな攻勢に過ぎない。

文在寅文在寅

私は次回の改憲の時に「5.18精神」を憲法の前文に入れようとするが、それについても同意するか。

安哲秀安哲秀

もちろん同意する。次いで、昨年11月の非暴力平和革命(編注:ろうそく革命)も含むべきだと思う。

文在寅文在寅

学制の改編については、根本的な趣旨に賛成している。だがすぐには現実的な困難がある。入学年齢を前倒しにすると、二学年が一度に小学校に入ることになる。教室の問題、教師の問題などをどうするか。

安哲秀安哲秀

長期的な計画だ。10年後にはすべて結実すると思う。そしてこの事業は国家教育員会を通じ、様々な利害関係者の合意の下、まずは試験的に導入される。あくまで漸進的な改革だ。

文在寅文在寅

それでは次の政府では学制改編はしないということか。

安哲秀安哲秀

始めるということだ。そして次の次の大統領で完成するという計画だ。

文在寅文在寅

次の政府で議論するということでよいか。

安哲秀安哲秀

次の政府で始め、その後続けていくということだ。それこそが社会的協約(政権が変わっても維持される事業の意)の一番目のモデルになると思う。

文在寅文在寅

第4次産業革命を政府が支えるべきと言ったが、具体的にはどんな役割があるのか。

安哲秀安哲秀

先ほど言った通りだ。教育改革、科学技術改革、公正な競争への産業構造の改革という3つの基盤がもっとも重要だ。

文在寅文在寅

そういった支援は政府でなければできないのではないか?インフラ造成もそうだ。だから、政府主導なのか民間主導なのかと言った論争は意味が無いのでは?結局は政府と民間が共に協力していくべきなのではないか。(編注:その間、政府主導の雇用改革を訴える文在寅候補に対し、安哲秀候補側は「雇用は政府でなく民間で作るもの」と批判していた)

安哲秀安哲秀

政府が直接、雇用を作ろうと参加することでたくさんの問題が起きる点を指摘したい。

安哲秀候補の時間はここまで。最後は自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補による質疑応答だ。




質疑応答:洪準杓候補「少数政党で国会運営は無理」

洪準杓洪準杓

今、安哲秀候補が率いている国民の党の議員は、先の総選挙(2016年4月)の際に当選した、湖南地域の23名、首都圏の2人しかいない(他に比例で13人が当選)。大統領に当選する場合、私たち(自由韓国党)とは協力することは無さそうだが…(笑い)。

共に民主党と合併するしかないだろうが、どうするつもりか。

安哲秀安哲秀

そういったことは無い。

洪準杓洪準杓

それならばどうやって30数名で国政の運営を行うというのか。

安哲秀安哲秀

私たちが当選する場合、ここにおられる党を中心に論議し、協治の枠を作ることになる。

洪準杓洪準杓

最低でも院内の第一党や第二党にならないと集権や国家の運営が不可能だろう。しかし30数名でやる…私は湖南地域の第一部隊が共に民主党で、第二部隊が国民の党に見えるが、どうせ、選挙が終わったら合併するのだろう?そうしなければ、今のままでは国政運営は難しい。

安哲秀安哲秀

私も反対に聞いてみたい。朴槿恵大統領には150を超える議席があったが、国政の運営はうまくいったか?協治をしたか?法案を通過させたか?結局は、大統領本人がどれだけ協治をできる人間か、どれだけ彼我を分けない人間かが重要だ。

洪準杓洪準杓

朴槿恵大統領の話は関係ない。安候補に聞きたいのは、湖南第一、第二中隊が同時に出馬をしたが、結局同じ党ではないかということだ?

安哲秀安哲秀

違う。目指すものが違う。

洪準杓洪準杓

いや、分裂した党だろう。朴智元代表が代表ではないか。

安哲秀安哲秀

分裂ではなく、新しく結成した党だ。今は多党制が時代精神であり国民の要求だ。われわれは経済は暖かく、社会的な弱者を力づけ、安保はしっかりという点に同意して今の党を作った。

洪準杓洪準杓

THAAD配備についても主張を翻したのに、後で共に民主党と合併しない保証があるのか。

安哲秀安哲秀

(笑い)そういったことはない。私は昨年すでに総選挙の際に突破力を見せたし、今回の大統領選を通じても突破力を見せつけている。国民が認めるはずだ。

洪準杓洪準杓

39席足らずで、合併もせずに国政の運営ができると本当に思っているのか?

安哲秀安哲秀

十分に協治が可能であり、それはすでに証明された。われわれがいなければ国会が早期に開院することもなかっただろうし、今回の予算が期間内に通過するのも難しかっただろう。国会で色々な貢献をしている。

洪準杓洪準杓

そうかね。本当に合併しないつもりか?

安哲秀安哲秀

そうだ。

これで安哲秀候補の質疑応答も終わり、5人すべての政策検証討論が終了した。
この後、候補別の人物検証討論があったが、時間の関係上省略する。




4月13日の討論会まとめリンクは以下の通り。

[韓国大統領選D-23]第一回テレビ討論会まとめ (1)安保、経済分野共通質問(4月16日)
http://kankoku2017.jp/archives/1701

[韓国大統領選D-21]第一回テレビ討論会まとめ (2)政策検証討論 劉承旼(4月18日)
http://kankoku2017.jp/archives/1708

[韓国大統領選D-21]第一回テレビ討論会まとめ (3)政策検証討論 沈相奵(4月18日)
http://kankoku2017.jp/archives/1718

[韓国大統領選D-21]第一回テレビ討論会まとめ (4)政策検証討論 文在寅(4月18日)
http://kankoku2017.jp/archives/1724

[韓国大統領選D-20]第一回テレビ討論会まとめ (5)政策検証討論 洪準杓(4月19日)
http://kankoku2017.jp/archives/1737

[韓国大統領選D-20]第一回テレビ討論会まとめ (6)政策検証討論 安哲秀(4月19日)
http://kankoku2017.jp/archives/1745