第19代大統領選挙で当選が確実となった文在寅(ムン・ジェイン)氏。2度目の大統領選挙で雪辱を果たした。同氏フェイスブックより引用。
第19代大統領選挙で当選が確実となった文在寅(ムン・ジェイン)氏。2度目の大統領選挙で雪辱を果たした。同氏フェイスブックより引用。

第19代韓国大統領選挙の即日開票が進む中、共に民主党から立候補していた文在寅(ムン・ジェイン)候補の当選が確実となった。9日午後10時30分頃、韓国の公営放送KBSが報じた。

当選した文在寅候補は64歳。前回2012年の大統領選挙では48.02%の得票で、51.55%の票を集めた朴槿恵候補(当時)に敗北した。

当確
開票率10%を超え当確を伝えるKBS放送。同サイトよりキャプチャ。

87年の大統領直接選挙実施以降、一度敗北したあと再挑戦で大統領に当選したのは、1997年に三度目の挑戦で当選した故金大中(キム・デジュン)大統領以来二人目。

中央選挙管理委員会は開票を100%終えた後、10日午前に全体会議を開き当選者を確定する。その瞬間から文在寅氏は第19代大統領に正式に就任する。任期は2022年5月までの5年だ。(ソウル=徐台教)