11月12日(土曜日)にソウル市庁から光化門広場にいたる一帯で行われた「朴槿恵退陣」デモの様子を写真で紹介します。
詳しい論評は、月曜日以降、主催者側、政権側、野党各党の立場が出揃ってからまとめます。

写真特集(1)はこちらです。
http://kankoku2017.jp/archives/255

この日、ソウル都心には、主催者発表100万人、警察発表26万人の市民がつめかけた。
この日、ソウル都心には、主催者発表100万人、警察発表26万人の市民がつめかけた。
清渓川(チョンゲチョン)沿いの道も市民でぎっしり。
清渓川(チョンゲチョン)沿いの道も市民でぎっしり。
中心地域であった光化門広場一帯は、身動き取れず。
中心地域であった光化門広場一帯は、身動き取れず。
まさに人の海。ろうそくが幻想的な雰囲気を醸し出す。
まさに人の海。ろうそくが幻想的な雰囲気を醸し出す。「非暴力デモ」の真骨頂だ。韓国の新たな文化といえる。
ろうそくはすれ違う際に火が燃え移らないかギョッとするが、それは市民も慣れたもので、事故は起こらなかった。ただ、「火を消せ」と言う人は多かった。
ろうそくはすれ違う際に火が燃え移らないかギョッとするが、それは市民も慣れたもので、事故は起こらなかった。ただ、「火を消せ」と言う人は多かった。
市民に囲まれる朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長。大人気で周囲には歓声が絶えなかった。朴氏は次期大統領候補の一人。この日はデモへの全面的支援を行った。
市民に囲まれる朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長。大人気で周囲には歓声が絶えなかった。朴氏は次期大統領候補の一人。この日はデモへの全面的支援を行った。
人気観光スポット「三清洞(サムチョンドン)」に続く道も封鎖。ここにも高さ5メートルの壁が設置された。
人気観光スポット「三清洞(サムチョンドン)」に続く道も封鎖。ここにも高さ5メートルの壁が設置された。
ポリスラインを守る戦闘警察(義務警察)。この日警察官3人、義務警察1人が負傷したと、当局が発表した。
ポリスラインを守る戦闘警察(義務警察)。この日警察官3人、義務警察1人が負傷したと、当局が発表した。
地下鉄の出口も封鎖。市民の抗議が相次いだ。
地下鉄の出口も封鎖。市民の抗議が相次いだ。
長時間座り込んで意思表示をする市民の姿もあちこちにあった。
長時間座り込んで意思表示をする市民の姿もあちこちにあった。
デモは基本的にお祭り騒ぎをほうふつとさせる雰囲気で行われたが、表情は真剣だ。
デモは基本的にお祭り騒ぎをほうふつとさせる雰囲気で行われたが、表情は真剣だ。
全羅南道光州(クァンジュ)から来たという60代男性たち。87年6月の民主化闘争にも参加したという。
全羅南道光州(クァンジュ)から来たという60代男性たち。87年6月の民主化闘争にも参加したという。




次ページ:ポリスライン前で対峙する市民と警察。強制執行の様子