朴槿恵大統領と青瓦台(大統領官邸)が「憲政の維持」を全面に押し出し、検察による調査を引き延ばすなど「反撃」に出る一方、野党の足並みもそろわぬ中で、世論のうねりは収束を見せていない。「朴槿恵・崔順実ゲート」が明らかになって以降、これまで3度にわたる大規模な週末デモを成功させてきた市民団体は、朴大統領の「即時下野」に向けた取り組みに自信を見せている。(ソウル=徐台教)

19日デモはソウル50万、地方で50万 全国拡散の契機に

18日午後、「ろうそくデモ」を主催する「朴槿恵政権退陣・非常国民運動(退陣運動)」はソウル市内で記者会見を開き、19日(土曜日)のデモと、今後の市民運動の方向性について説明した。この日の会見は1500以上の市民団体が参加する「退陣運動」のメディア対応部署が行った。

18日午後に行われた「朴槿恵政権退陣・非常国民運動(退陣運動)」記者会見の様子。
18日午後に行われた「朴槿恵政権退陣・非常国民運動(退陣運動)」記者会見の様子。

司会を務めたキム・ヘジン氏は、19日のデモの趣旨を「朴槿恵大統領の『退陣』ではなく、『即時退陣』を求めるもの」と強調、あくまで朴大統領が国政からすぐに手を引くことがデモ自体の目標だとした。

続いて、韓国の市民団体をリードする大型NGO「参与連帯」のアン・ジンゴル事務処長は「次回のデモは、朴槿恵退陣運動が全国的に拡散する『全国化』に重点を置く」と説明、「ソウルだけでなく、全国の市民が退陣を要求していることを(朴大統領に)分からせる」とした。

気になる参加者の予想数については「ソウルで50万、地方で50万人の合計100万人以上」と、一部で「デモ疲れ」が指摘されるなか、強気の展望を見せた。アン事務処長はまた、「今回のデモも平和集会として行われる」と明言し、「『退陣運動』では参加者の安全問題を死活問題としてとらえ対処している」と、市民が気軽に参加できる雰囲気づくりを最優先する姿勢を示した。

12日のデモの様子。光化門広場につながる清渓川(チョンゲチョン)沿いの道も市民でぎっしり。19日は通行路を確保するための「安全通路」も設置されるとのことだ。
12日のデモの様子。光化門広場につながる清渓川(チョンゲチョン)沿いの道も市民でぎっしり。19日は通行路を確保するための「安全通路」も設置されるとのことだ。

さらに、「19日のデモは行進を大事にする」と語り、前回よりも青瓦台に近づくルートを地図を交え説明した。ソウル地方警察庁は、12日に続き青瓦台に続く行進ルートの「一部禁止」措置を取っているが、やはり主催者側も裁判所に「執行停止仮処分」を申請しており、今回もルート自体は認められる見通しだ。

ただ、警察側は12日と同様に 行進自体は認めつつも青瓦台に続く道には障壁を立て、接近を遮断するものと見られる。こうした場合には「その場でパフォーマンスや市民の発言コーナーなどを設け、平和的に対抗する」との方針を明かした。また「警察は裁判所の指示に従い、青瓦台付近までの行進を認めるべき」と要求した。じっさい、12日も裁判所の許可とポリスラインの位置が違うことでトラブルとなっていた。

また、12日のデモで問題となっていた「女性への痴漢行為」や、参加者が密集することで身動きが取れなくなる危険を回避するため、弁護団を中心とした法律チームに加え、100人のボランティアを配置する計画を明らかにした。




次ページ:「11月26日と30日をピークに」全国ストライキも決行か