写真:安哲秀公式ホームページ「安哲秀の新政治」http://ahncs.kr/
写真:安哲秀公式ホームページ「安哲秀の新政治」http://ahncs.kr/

氏名

安哲秀(アン・チョルス) Ahn-Cheol-soo

生年月日

1962年2月26日

出身地

慶尚南道密陽郡

居住地

ソウル市蘆原区上溪洞

現況

第20代国会議員(2016年5月~/ソウル市蘆原区丙)

H3家族関係

既婚。夫人・金美暻(キム・ミギョン)氏とのあいだに一女

趣味

読書

主要学歴

1974年 釜山東成小学校卒
1977年 釜山中央中学校卒
1980年 釜山高校卒
1986年 ソウル大学医科大学卒
1988年 ソウル大学医科大学院医学修士
1991年 ソウル大学医科大学院医学博士
1997年 米ペンシルバニア大学工学部工学修士
2008年 米ペンシルバニア大学ウォートン・スクール経営学修士(MBA)
※最高経営責任者(CEO)専門の課程「ExMSE=’MBA for Executives Program’」という説も

主要経歴

1989年9月~1991年2月 壇国大学医学部専任講師兼医芸科学科長
1990年1月~1990年2月 九州大学医学部訪問研究員
1995年2月~2005年3月 安哲秀研究所(AhnLab)代表理事
2008年5月~2011年5月 KAIST(韓国科学技術院)技術経営専門大学院教授
2008年5月~2012年5月 大統領直属未来企画委員会委員
2011年6月~2012年9月 ソウル大学融合科学技術大学院長
2013年4月~2016年5月 第19代国会議員(ソウル市蘆原区丙)
2014年3月~2014年7月 新政治民主連合 共同代表
2016年2月~2016年6月 国民の党 共同代表

所属政党

2013年11月~ 国民と共にする新政治推進委員会(新政治連合)
2014年3月~2015年12月 新政治民主連合
2016年2月~       国民の党

過去の大統領選との関わり

第18代大統領選(2012年)に無所属から立候補。高い支持を集めるも、投票日を26日残した2012年11月23日に出馬を辞退し、民主党の文在寅(ムン・ジェイン)候補を支持することを宣言。

日本との関わり

2015年12月28日の従軍慰安婦問題をめぐる日韓合意について無効だと朴槿恵政権を強く批判している。

第19代大統領選への意気込み(語録)

・私にとって政治は適性ではなく、使命です
・(2016年4月の総選挙で代表を務めた「国民の党」の躍進を評し)国民の怒りが先の選挙で噴出し、国民の党を際立たせてくれた。来年の大統領選ではより大きな変化の流れになる。
・私は基本的に勝負師。一度も現実と妥協したり弱気になって一歩下がったことがなく、それはこれからも同様です。