師走に入った12月3日土曜日。ソウルをはじめ全国主要都市で6週連続となる「朴槿恵大統領退陣」ろうそくデモが行われた。26日に延べ190万人(ソウル150万人、地方40万人、主催者側発表)という史上最大規模のデモとなっただけに、参加者は減るという予想が大半であったが、結果は50万~100万とした主催者側の予想を大幅に上回った。

3日午後9時半にデモを主催した「朴槿恵政権退陣・非常国民運動(退陣運動)」が発表したところによると、この日の参加者はソウルで延べ170万人、地方で同62万の232万人にのぼった。なお、警察発表は43万人であった。

韓国メディアの分析も、そして筆者の取材結果も同様であるが、この日の「伸びしろ」は朴槿恵大統領が11月29日に行った三度目の「国民向け談話」から生まれた。自身の非を認めず、進退を国会に丸投げする「時間稼ぎ」に走った朴大統領の姿勢は、国民の怒りをさらに燃え上がらせる結果となった。「もうじっとしていられないと思って、仕事休んで初めてきた」(50代男性)という市民が少なからずいたものと思われる。

ここで前回、前々回と同じ注意書きを添えておく。「市民団体が主催した」というのは正確な表現とはいえないという点だ。今回もやはり、ウェブバナーや記者会見など広報を行い、芸能人を呼び、ステージと大型モニターを配置し、中継車を増設し、医療・弁護団などボランティアを組織するなど、デモのインフラを整えたのは前出の「退陣運動」である。だが、参加した市民の大部分はどんな市民団体にも属さない一般市民だからだ。

デモの結果は、今のところ「大成功」だ。3日未明に野党三党が国会に提出した朴大統領の「弾劾訴追案」の票決が9日午後2時にあるが、カギを握る与党・セヌリ党の「非朴槿恵派」はデモから一夜明けた4日に「非常時局会議」を開き、9日の票決に参加することを決定。複数の韓国メディアが報じたところによると、弾劾に賛成する「非朴」議員は5日午後3時の時点で、40人にも及ぶとされ、議決に必要な28人を大幅に上回る。デモが政局をリードする流れはもはや決定的だ。

参考記事「弾劾発議」の裏に市民…高まる「新しい民主主義の形」への期待

ただ、市民は次第に次のステージを見ている雰囲気も感じられる。デモ会場で主催者側の「このデモを主催しているのは誰ですか?」という問いかけに、「知らない」もしくは「無言」という返事が多数をしめる光景を何度か目にした。前回の記事でも少し触れた通り、主催者側は200万の参加者を自身の団体や陣営に取り込みたいが、温度差があるようだ。匿名を条件に筆者のインタビューに答えた韓国有名私立大教授のような、「9日に弾劾が可決される場合、一気に市民はニュートラルに戻る可能性が高い」という見通しもある。

とはいえ、市民にとって目の前の目標は9日の「弾劾可決」である。それを可能にした3日の「ろうそくデモ」を写真と動画で振り返る。

写真特集その2はこちら[写真特集その2(30枚+動画2本)] 第6次「朴槿恵大統領退陣」ろうそくデモ(ソウル、12月3日)

人通りの多いあらゆる道に、懸垂幕がかかっている。「国民の命令だ!朴槿恵大統領即刻弾劾!」とある。第三野党の「正義党」のものだ。
人通りの多いあらゆる道に、懸垂幕がかかっている。「国民の命令だ!朴槿恵大統領即刻弾劾!」とある。第三野党の「正義党」のものだ。
上のものは第一野党「民主党」のもの「朴槿恵大統領即刻退陣」とある。下のものは今年できた新生政党「民衆連合党」のもの。昨年逮捕されたハン・サンギュン「全国民主労働組合総連盟(民主労総)」委員長と、李石基(イ・ソッキ)前統合進歩党議員の釈放を求めている。
上のものは第一野党「民主党」のもの「朴槿恵大統領即刻退陣」とある。下のものは今年できた新生政党「民衆連合党」のもの。昨年逮捕されたハン・サンギュン「全国民主労働組合総連盟(民主労総)」委員長と、李石基(イ・ソッキ)前統合進歩党議員の釈放を求めている。
世宗文化会館前の会談に座る人々。この場ではレ・ミゼラブルの「民衆の歌」の演奏もあったというが、筆者は見逃した。
世宗文化会館前の会談に座る人々。この場ではレ・ミゼラブルの「民衆の歌」の演奏もあったというが、筆者は見逃した。
もはや平和デモの象徴となった感のある、「お花ステッカー」の貼られた警察バス。記念撮影に興じる市民が多かった。
もはや平和デモの象徴となった感のある、「お花ステッカー」の貼られた警察バス。記念撮影に興じる市民が多かった。
平和な雰囲気のなかで撮影された写真がSNSなどを通じ共有され、デモに来たことがなかった人々を呼び寄せる。
平和な雰囲気のなかで撮影された写真がSNSなどを通じ共有され、デモに来たことがなかった人々を呼び寄せる。
プラカードの見本市。「朴槿恵退陣」、「自らいなくなれ」などとある。
プラカードの見本市。「朴槿恵退陣」、「自らいなくなれ」などとある。
この日はじめて青瓦台(大統領府)まで100メートル地点までの行進が裁判所により許可された。200メートル地点の青雲洞住民センター前には、報道陣が早い時間から集結していた。
この日はじめて青瓦台(大統領府)まで100メートル地点までの行進が裁判所により許可された。200メートル地点の青雲洞住民センター前には、報道陣が早い時間から集結していた。
道の片側は警察バスがぴったりとふさいでいだ。車両の上には警察が不測の事態に備える。
道の片側は警察バスがぴったりとふさいでいだ。車両の上には警察が不測の事態に備える。
「正義党」の旗を持っていた党員。「即刻弾劾」と書かれたプラカードを掲げる。この日は前日発議された弾劾案を意識してか、即刻弾劾のプラカードが目についた。
「正義党」の旗を持っていた党員。「即刻弾劾」と書かれたプラカードを掲げる。この日は前日発議された弾劾案を意識してか、即刻弾劾のプラカードが目についた。
青瓦台前100メートル地点の孝子洞治安センター前。行進開始時間の午後4時前にも関わらず、市民がシュプレヒコールをあげていた。
青瓦台前100メートル地点の孝子洞治安センター前。行進開始時間の午後4時前にも関わらず、市民がシュプレヒコールをあげていた。


動画はこちらから。(20秒)

若いカップルの姿も。この日は寒さも和らぎ「デモ日和」であった。
若いカップルの姿も。この日は寒さも和らぎ「デモ日和」であった。




次ページ:思い思いのプラカード