最有力候補の文在寅(ムン・ジェイン)氏。2度目の大統領選挙で雪辱なるか。
当選確実となった共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)氏。2度目の大統領選挙で雪辱を果たした。同氏のフェイスブックより引用。

氏名(英文含む)

文在寅(ムン・ジェイン)Moon Jaein

生年月日

1953年1月24日

身長、体重、血液型

172cm、67kg B型

宗教

天主教(ローマ・カトリック)

出身地

慶尚南道巨済(コジェ)郡(現・巨済市)巨済面

居住地

ソウル市西大門区
慶尚南道 梁山市

所属政党

共に民主党 常任顧問

家族関係

夫人・金ジョンスク氏とのあいだに一男一女

趣味

読書、登山

主要学歴

1968年 慶南中学校卒業
1971年 慶南高校卒業
1980年 慶煕大学法学部卒業

主要経歴

1980年 第22回司法試験合格
1985年 釜山民主市民協議会 常任委員
1988年 ハンギョレ新聞 創刊委員
1989年 釜山民主抗争記念事業会 理事(~2002年)
1995年 法務法人釜山 代表弁護士
1996年 釜山YMCA 理事
2003年 青瓦台(大統領府)大統領秘書室 民情主席秘書官(2003年5月~2004年2月)
2004年 青瓦台(大統領府)大統領秘書室 市民社会主席秘書官(2004年5月~2005年1月)
2005年 青瓦台(大統領府)大統領秘書室 民情主席秘書官(2005年1月~2006年5月)
2007年 青瓦台(大統領府)大統領秘書室 秘書室長(2007年3月~2008年2月)
2009年 盧武鉉財団 常任理事
2010年 盧武鉉財団 理事長
2011年 革新と統合 常任共同代表
2012年 第19代国会議員(2012年5月~2016年5月)
2012年 民主統合党 常任顧問(2012年5月~2013年5月)
2015年 新政治民主連合 党代表(2015年12月~2016年1月)
2016年 共に民主党 常任顧問

過去の大統領選との関わり

第16代大統領選挙において、盧武鉉(ノ・ムヒョン)候補の選挙運動を支援。
第18代大統領選に民主統合党の候補として出馬。得票率48.02%でセヌリ党の朴槿恵候補(得票率51.55%)に敗北。

日本への言及

「民間が作った少女像に対する報復措置として、日本が日本大使と総領事を本国に召還し、両国間の通貨スワップを中断するという前例のない強い報復措置を取りながら、まるで韓国が詐欺をはたらいたからのように主張している」
「日本が法的な責任を認めさせ、公式に謝罪させることはわが韓国だけなく、慰安婦被害を受けた国家、全人類がともに要求することであるという点を明確にする必要がある。両国間にどんな合意があったのか、わが外交部が堂々と明かす必要がある」(いずれも2017年1月20日)

主要語録

「私が政治を決心したのは韓国の主流を変えたかったのです!これから、政治の主流は国民でなければなりません。権力の主流は市民でなければなりません。だから、国民が大統領です。大韓民国の憲法第一条の精神で行かなければなりません」
「国益そして国民よりも優先される理念はありません」
「保守と進歩を分ける分裂の二分法をごみ箱に送る時が来ました」
「今回の大統領選挙は保守対進歩の対決ではありません。正義か不正義かの選択です。常識か没常識かの選択です。公正か不公正かの選択です。過去の積弊勢力か、未来の改革勢力かの選択です」 「経済と安全保障、不公正・不正腐敗・不平等の清算、国民の統合という3つの約束を果たします」
(いずれも2017年4月3日の共に民主党予備選勝利後の大統領候補受諾演説から)