結果はこちら。韓国式の表現が目立つが、あえて直訳にしている部分もある。いくつか見ていきたい。

韓国次期大統領に望む資質表
中央日報は一連の特集を「リセットコリア」と名付けて行っている。世論調査の結果はhttp://news.joins.com/article/21068236http://news.joins.com/article/21068236に詳しい(いずれも韓国語)。
1位「クリーンな」

「崔順実ゲート」追及のただ中にいる朴槿恵大統領をはじめ、先代の李明博(イ・ミョンバク)大統領、故盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領、故金大中(キム・デジュン)大統領はいずれも、側近や親類の金銭スキャンダルが明らかになっている。こうした不祥事と縁の遠い、清廉な大統領であって欲しいという願望といえる。

2位「国民のことを考える」、8位「正しい政治」

1位の内容と脈絡は重なる。特に朴槿恵大統領に無かったとされる部分である。側近や財閥の利益を優先するのではなく、国民の福利を最優先する大統領を望んでいる。

3位「経済大統領」、7位「雇用を作る」

韓国に住む人々は毎日のように「景気が悪い」という言葉を耳にし、口にする。実際、経済成長率も2015年に2.6%、2016年も暫定で2.6~2.8%となっており、2012年から2016年の5年間で、3%を超えたのは2014年(3.3%)だけとなっている。2017年はさらに下がり各シンクタンクは2%台前半~中盤の成長にとどまるとしている。経済成長は切実な願いである。

4位「疎通する」、8位「政治が上手な」

今回の回答に共通しているのが、朴槿恵大統領への反動だ。国民はもちろん、国会や野党とも「疎通できない(しない)=不通」という姿勢は、2013年2月の就任以降、朴大統領の代名詞であった。普通でない大統領は、もうこりごりといったところだろう。

なお、下位の回答例としては「信頼のおける(1.8%)」、「親近感のある(1.8%)」、「未来志向的な(1.6%)」、「安全保障を優先する(1.2%)」「統一大統領(0.5%)」などがあった。

「南北統一」が下位になっている点は注目したい。金正恩氏が特段の挑発を行っていない現状では、韓国国内の混乱を収拾する方が先だというのが一般の世論だ。




次ページ:支持率1位は文在寅氏